マンション

高層階に住んでみて

私が今のマンションを選んだ理由の1つに高層階だったことがある。高層階の情報や住んだ感想はネット記事などで調達できるが、実際には住んでみないとわからないし、そもそも個人によって印象は変わってくる。だから結局は住んでみないとわからないのだが、ここでは私個人の意見を書いてみる。

高層階で良かったこと

まずは眺望。これは当然というか、むしろ高層階のメリットの9割を占めるのが眺望だ。タワーマンションともなると低層階と高層階とで同じ間取りでも価格が大きく変わってくる。それだけ人々が眺望に価値を感じているということだ。ネット記事などではしばしば「眺望は三日で飽きる」などと書かれているが、飽きるかどうかは個人によって様々なので、結局は住んでみないとわからない。では私の場合はどうかと言うと「飽きていない」である。これはまだ私が二ヶ月しか住んでいないため、今後飽きる可能性はあるが、現状全く飽きていない。これは高層階というだけでなく、部屋から何が見えるかが肝になるのではないかと思う。部屋からの景色が様々な表情を見せてくれるなら、それを見て酒を飲むだけでも楽しいので飽きないと思った。

あと眺望が抜けていれば外からの視線を気にすることなく生活できることも良い点だと思った。常にカーテンを開けておけると部屋に開放感が出て気持ちが良いし、カーテンもドレープが必要なかったりするのでコスパも良い。ただ遮光性の高いカーテンが必要な人には高層階は向いていないかもしれない。

高層階で悪かったこと

逆にデメリットだが、まずはエレベータの待ち時間が長い。これは物理的に仕方のないことだが、降りる場合にエレベータが1Fに止まっていたりすると、そこから上がってくるのを待たないといけない。あとは途中で他の階層の住人が乗ってくることが多い。時間にすると大したことはないが、毎日のことなので、せっかちな人にはストレスに感じるかもしれない。

あとは夏の日差しが灼熱であること。私の部屋は東向きなのだが、8月の早朝はカーテンを開けてられないし、バルコニーに出るにはそれなりの覚悟が必要なほど熱い。ホームセンターで買ったゴム製のサンダルが、日差しによりLサーズからSサイズに縮んでしまったほどだ。

予想外だったこと

これは良くも悪くも予想外だったことだが、高層階といえど虫が来ることだ。今のところセミとカメムシを目撃している。もちろん低層階よりも頻度は低いだろうが、30F前後では完全に無視とおさらばすることは難しいようだ。これは恐らくマンションの植栽や近隣の公園の多さが影響していて、場所によっては全く見ないマンションもありそうではある。

あと地上ほど風が強くないことも意外だった。弊マンションのある海近エリアは強風が毎日のように吹き荒れる。そのため高層階ではバルコニーに洗濯物を干すことすら難しいのではないかと思っていたが、そんな心配は全くなかった。これは嬉しい誤算である。

おわりに

まだ住み始めて二ヶ月ちょっとで、まだこれからいろいろ感じることが増えると思うから、その都度書き足していく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました