マンション

世界に類を見ない!同時多発的に再開発が進められている大都市東京

建築計画のお知らせ

都内の大きな駅を利用されている方は、

「この工事いつまでしているんだろう..」

と思ったことはありませんか?それもそのはずで、現在都内では多くの再開発事業が計画され進められています。都内を歩けば建設業者の工事を目にすることはもはや当たり前の感覚となっていることでしょう。そんな再開発事業について調べてみました。

今後10年は続く建設ラッシュ

現在都内で計画されている再開発事業やプロジェクトを完成時期の時系列順に並べました。調べて具体的な情報が出てくるものだけに絞っていますが、この他にも多くの再開発事業が計画されています。

都内再開発タイムライン
  • 2020年①
    虎ノ門
    • 虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
    • 虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業
    • 日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」の開業
  • 2020年②
    湾岸エリア
    • 豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
    • 東京湾岸有明複合開発プロジェクト
    • 羽田空港直結複合開発プロジェクト
  • 2020年③
    高輪
    • 山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の開業
  • 2022年
    八重洲
    • 八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
  • 2023年①
    虎ノ門
    • 虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発事業
    • 虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
  • 2023年②
    渋谷
    • 渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業
  • 2023年③
    三田
    • 三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業
  • 2024年①
    渋谷
    • 渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業
  • 2024年②
    東池袋
    • 東池袋一丁目地区市街地再開発事業
  • 2025年
    大手町・神田
    • 内神田一丁目プロジェクト
  • 2027年①
    品川
    • リニア中央新幹線の開業
  • 2027年②
    常磐橋
    • 東京駅前常磐橋プロジェクト
  • 2029年
    西新宿
    • 西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業

虎ノ門 by 東京メトロ and 森ビル and 野村不動産

森ビルと野村不動産により進められている虎ノ門一帯を中心とした再開発事業です。今年2020年には東京メトロ日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」が開業予定で、その他にも国家戦略特区として開発が進められている虎ノ門ヒルズ・ビジネスタワー東京虎ノ門グローバルスクエアがそれぞれ開業竣工予定です。

日比谷線に虎ノ門ヒルズ駅が誕生します!
東京メトロのプレスリリース(2019年11月11日 14時00分)日比谷線に虎ノ門ヒルズ駅が誕生します!

また森ビルの虎ノ門・麻布台プロジェクトの再開発完了時期は2023年とされています。

虎ノ門・麻布台プロジェクト|主要プロジェクト|森ビル株式会社
虎ノ門・麻布台プロジェクトのコンセプトは、“緑に包まれ、人と人をつなぐ「広場」のような街 - Modern Urban Village -”。広大な中央広場を街の中心に据え、多様な都市機能を高度に融合させた「ヒルズの未来形」として、都心の真ん中に誕生です。

湾岸エリア by 三井不動産 and 住友不動産

湾岸エリアの豊洲と有明、羽田では大規模複合開発による商業施設やホテルが今年2020年に順次開業予定で、有明と羽田に関しては国家戦略特区として開発が進められています。

【公式】三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス-豊洲駅周辺の宿泊をご紹介
豊洲駅周辺の宿泊に便利な三井ガーデンホテ...

有明の商業施設には8000人を収容可能なコンサートホール劇団四季専用の劇場が入る予定となっています。またJR東日本が進めている羽田空港と東京都心を結ぶ「羽田空港アクセス線計画」の臨海部ルートが有明を通る予定で、羽田からディズニーランドの最寄駅である舞浜駅に乗り換えなしで直結する計画も発表されています。

住友不動産|前例のない挑戦。国家戦略特区 大規模複合開発

品川・高輪 by JR東日本

品川・高輪エリアでは今年2020年に待望の山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」が開業予定で、建築家の隈研吾氏がデザインした駅としても話題となりました。また2027年には名古屋-品川間のリニア開通も予定されています。

全線開業へのプロセス|リニア中央新幹線|JR東海
JR東海 リニア中央新幹線の公式サイトです。リニア中央新幹線のルート・工事に関する情報や工事の工法、工事に伴う環境負荷低減の取り組みや沿線地域との連携などをご紹介します。

東京駅周辺 by 三井不動産 and 三菱地所

東京駅周辺でも再開発が目白押しです。先ず三井不動産により進められている再開発プロジェクトで、オフィス、商業、ホテル、小学校、バスターミナル等により構成される大規模タワーが2022年8月に八重洲に竣工予定です。

「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」着工
三井不動産 ニュースリリース

また大手町と神田では三菱地所による都市再生計画が進められていて、商業施設や店舗が入るオフィスビルが2025年竣工を目標に建設予定となっています。

都市再生特別地区 (内神田一丁目地区)都市計画(素案)の概要

内神田一丁目地区の三菱地所らによる再開発プロジェクトの概要が明らかに。大手町のオフィス街が神田まで拡張
目次大手町に隣接する神田エリアで再開発プロジェクトが進行中内神田一丁目地区の事業スケジュール、いつ完成・オープン?内神田一丁目地区の外観イメージ大手町エリアのビジネスエ...

そして東京駅前の再開発事業の本丸といえば、三菱地所が進めている東京駅前常盤橋プロジェクトです。390mの日本一高い高層ビルを2027年竣工を目標に建設予定です。

TOKYO TORCH 東京駅前常盤橋プロジェクト | 三菱地所
東京・常盤橋に開かれる新しい街。“TOKYO TORCH”。世界を明るく輝かせる光を、その名にともして。

渋谷 by 東急グループ

渋谷では2019年に渋谷スクランブルスクエアが開業したことが記憶に新しいですが、再開発はまだ終わりではありません。まず渋谷駅桜丘口地区に国際医療施設や子育て支援施設が入るオフィスビルが2023年に竣工予定です。

また2024年には渋谷二丁目に店舗付きオフィスビルの建設を予定しています。

渋谷再開発情報サイト|東急株式会社
SHIBUYAの未来はこう変わる!?渋谷の再開発について、東急株式会社より情報を発信します。

三田 by 住友不動産

三田では住友不動産によりオフィスや商業施設、分譲マンションや学校などが建設される大規模複合開発が進められていて、建物の竣工は2023年を予定しています。

東京三田再開発プロジェクト|日本のビジネスを牽引する大規模オフィスタワー
東京三田再開発プロジェクトの公式サイトです。東京の新たな起点となる「三田」「田町」エリアに1フロア1,000坪を超える大規模オフィスタワーが誕生。賃貸オフィス・賃貸事務所・貸事務所なら住友不動産の賃貸オフィスビル。貸事務所の事なら、すみふへどうぞお気軽にお問い合わせください。

東池袋 by 住友不動産

東池袋では住友不動産が国家戦略特区としてオフィスビルを建設予定で、2024年竣工を目標としています。池袋では2019年に大規模商業施設のHAREZA池袋が開業し、2020年には大規模オフィスビルのHarezaTower(ハレザタワー)が竣工予定です。池袋のイメージも数年後には大きく変わっているかもしれません。

東池袋一丁目地区市街地再開発事業について

西新宿 by 野村不動産 and 住友商事 and 東京建物

西新宿では野村不動産と住友商事、東京建物により計画されている再開発プロジェクトがあります。老朽化した木造家屋を排除して、分譲マンションや商業施設を建設する予定で、着工が2022年、竣工は2029年とされています。

『西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業』都市計画決定のお知らせ
「『西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業』都市計画決定のお知らせ」についてご紹介している住友商事のニュースページです。

おわりに

これだけの再開発事業が進められていて、2030年以降もさらに計画されることが予想できます。それもこれも東京を世界に誇れる大都市にするためであり、ロンドンやニューヨークに追いつくためであると考えられます。

私は今回再開発事業について調べている時、あまりにも計画が多すぎてワクワクが止まりませんでした。政府を始め国内の大手デベロッパーやスーパーゼネコンには、東京都民のみならず日本国民全員の期待に応えてほしいものです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました